蟯ファクblog 「セロファン三昧」

若手お笑いコンビ「蟯虫ファクトリー」のささやかな自己主張。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしりっくす

蟯虫ファクトリーの浦久保です。こんにちは。



突然ですが、僕はMacユーザです。いいよ、Macは。ラーメンズがCMしてるし。

昔はWindowsを使ってましたが、もう戻る気はありません。一度Macを知ってしまうとね。

そうそう、漫才やコントのネタ合わせでもMacは大活躍ですよ。

ノート型のMacを使っているのですが、小型CCDカメラを搭載しているので、ネタ合わせの様子を録画してHDに保存できるんです。

録画した映像を繰り返し見ながら高杉と二人でネタを練り込んでいったりね。Macがなければ、M-1で大阪へ勝ち進むことはできなかったでしょう。



いや、まあ、別にMacを宣伝するつもりではないんです。

本題はここから。



Apple社のホームページをぼんやり眺めていたら、「医療」というメニューがあるのに気づきました。

ふむふむ、Macは医療の分野でも大活躍なのですね。

特に興味があるわけではなかったのですが、何とはなしに「医療」メニューをクリックしてみました(*)。

なるほど、どうやらCTやMRIなんかの画像を見るのに、Macが活躍するみたいです。

なんでも、無料のとってもいいソフトがあるんですって。

なになに、ええと、ソフトの名前はOsiriX……え、おしりっくす?

今、なんとおっしゃいました?

ははあ、おしりっくすですか。おしりっくすねえ。

うーむ、おしり……。



これは、蟯虫的にはぜひともおさえておかねばなりませんね。

別に医用画像を見る機会なんてまったくないんですが、とりあえずダウンロードしてみました。

また後日、使い心地等レポートしたいと思います。



ところで、おむつのCMに出てくるおしりモデルの赤ちゃんたちは、後にその事実を親に聞かされてどのような心境になるのでしょうか。

いつも気になってます。
スポンサーサイト

詩絡

急に詩を書きたくなりました。

ポエミィな気分であります。浦久保です。
(たまにこういうおかしな気分になります)



腸内細菌へのエレジィでも謳おうかと思いましたが、ここは少し色気を出して、恋心とかそういうのを繊細なタッチで描いてみます。

そういうのが若い婦女子に受けるかなと思って。

多少阿ってみて、人気が出ればいいなという魂胆です。

それに、こういうのはそれっぽい言葉を並べておけば、それらしく見えますしね。

実にお手軽。

ナイーブに振る舞いたい人達が勝手に共感してくれたらいいな。



ではこんな感じで。



・見えないツバサ・

冬の空気のように張り詰めた、
この一瞬。
きみの声が、遠くなる。
どうしてなんだろう?
僕はここにいるのに。
君はそこにいるのに。

空はどこまでも灰色で、
あの青空を僕らの心に忘れてきたよう。
もう一度。
もう一度だけ、隣に座ってくれないか?
今なら見えないツバサで、
きみを温めることだってできる。
ごらん、末梢の循環が回復してゆくよ。



……ほらほら、なんかそれっぽい!

何も言ってないのに、ロマンティックっぽい。

今! 今、婦女子がきゅーんとなったはず! たぶん!



いくらでも続けられますね、これなら。

次は切ない系で泣いてもらいましょうか。



・きみがいない季節・

樹々が囁く。
花が揺れる。
心がきみを探す。

きみはどこにもいない。
きみは風になったから。
きみが吹けば樹々は囁き、
花は揺れ、
こころは君を探す。

僕の中に、
君の温度が残っている。
まるで残尿のように。
それはときにもどかしく、僕を苦しめるが、
僕はこの残尿が愛しい。

風が吹くと残尿がうずく。



お、お笑い芸人なのに、ファンを泣かせてしまったかもしれない!

でも相方へ観覧された(BlogPet)

きょうリンネ(イヌ回虫)は、携帯するはずだったの。
でも相方へ観覧された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「リンネ(イヌ回虫)」が書きました。

こたつに眉間

心なしか、最近スカトロジカルなネタが多い気がします。

まあいっか。蟯虫だし。
あ、浦久保です。



どうして眉間は「みかん」じゃないんでしょう。

不思議じゃありません? 「間」を「けん」と読むなんて。

普通は「かん」だよね。

やはり蜜柑とまぎらわしいからですかねえ。

うーん。

そんなことが気になるこたつの季節。





悩んでも答えは出そうにないんで、謎の解明はほうり出して遊ぶことにします。

そうだ、試しに眉間と蜜柑を入れ換えてみよう。

「蜜柑にしわをよせる」

「蜜柑にナイフを突き立てる」

眉間に比べてとても平和ですね。



逆はどうでしょう。

「眉間の皮をむく」

「アルミ缶の上にある眉間」

「眉間ジュース」

あ、シュールかも。



ちょっと眉間が好きになりました。

実はきょうは(BlogPet)

きのうリンネ(イヌ回虫)が、蟯虫は吸収した?
実はきょうは、吸収された!
実は北極で浦と北極へ浦が黒保護しなかったよ。
実はきのうは浦と背中っぽい吸収するはずだったの。
実は北極で吸収しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「リンネ(イヌ回虫)」が書きました。

苺をまるごとホイップクリームとぎゅうひで包みました

20070217051603
最近外に出てもあまり寒くないので、

「ついに寒さに対する耐性を手に入れたぜ!」

とひそかに喜んでいたのですが、どうやら今年は記録的な暖冬だそうで。

ぬか喜びでした。蟯虫ファクトリー浦久保です。

また浦久保ですみません。高杉ファンの方はもう少し待ってみて下さい。



夜中に目が醒めました。

目が醒めただけなら良いのですが、無性に雪苺娘(ゆきいちご)が喰べたい気分で困ります。

雪苺娘というのはちなみにコンビニなんかで売ってるお菓子で、苺ショートを求肥(ぎゅうひ)で包んだものなのですが、これがべらぼうに美味いのです。

あ、コンビニというのはコンビニエンスストアのことです。一応。

「コンビニエンス」で「便利」という意味なんだから、「コンビニ」はさしずめ「便」ですよね。

まあ、蟯虫ファクトリー的にはなんら問題のない呼称ですが。便。

ええと、話が逸れました。そう、雪苺娘。

夜中にも関わらず無性にこいつが喰いたくなってしまったので、便、じゃないやコンビニを渡り歩くことになりました。

どこのコンビニでも置いててくれれば話は早いんですが、置いてる店と置いてない店があるんですよ。

そして更に困ったことに、昨日まで雪苺娘を置いてたはずのコンビニが、今日行くとなくなってたり。

逆に昨日まで置いてなかったはずのコンビニに唐突に現れたりして、ちょっとお前、意表突きすぎだよ! みたいな、とにかく困ったやつなのです。

まさに神出鬼没。

今日は結局6件のコンビニ(便)を探し歩いてようやくゲット。

なんと二個入りです。

ちなみに、一個入りは白で、二個入りだとピンク。

二個入りはややレアアイテムで、買えると嬉しくなります。

しかし、こんなに美味いのに、どうしてもっと一般化してくれないのでしょう、と不満を書いておきます。



ついでにコカ・コーラも購入。

相方(高杉)がネタ合わせの度にコーラを買っては僕に振る舞ってくれるので、すっかりコーラ中毒になってしまったんです。

それまでコークなんて全然飲まなかったのに。

ああ、人はこうして麻薬漬けにされていくのだな、と少し悟った気がします。



それではお腹も満たされたので、そろそろ寝ます。

『いきなり』

リンネがついに発狂したみたいですね。どうしよう。浦久保です。

宜って字は携帯の電池のアイコンに似てますよね。

あ、携帯ってのは携帯電話のことです。別に言わなくてもわかるか。

しかしそれにしても、携帯電話はすっかり「携帯」という名称が定着しちゃいました。

電話としてのアイデンティティを失いつつありますよね。名前も機能も。

ああ、早く携帯で髭が剃れるようにならないかなあ。



おや、なんの話をしていたのでしたっけ。

まあいいや。

ところで馬や牛は草しか食わないのにあの巨体が維持できるなんてすごいと思いませんか。

まったく頭の下がる思いですよね。

食べてもうまいし。命ってすごい!!



そうだ。蟯虫ファクトリーですがもうじき結成して一年が経ちます。

時間ってすごい。

記念にライヴとかできると素敵ですね。

胸が膨らむ思いです。

題して『蟯虫ライヴ・肛門の宴~尻の穴が痒いんだ~』。

……相方の許可も得ず勝手に思いついたことを書いてるけど大丈夫だろうか。

不安になってきました。

深夜の勢いでなんかお下劣なことを口走ってる気がする。

翌朝後悔するんだろうなあ。

うん、でもまあ、たぶん、何かやるとは思います。

おそらく3月。

その際には、皆さま是非ともご観覧にいらしてください。

よろしくお願いします。

たぶん、それほど汚いものではないんで。

広い幻奇など言われました(BlogPet)

今日幻奇など言われました
今日幻奇と、広い幻奇など言われました
今日はネットで幻奇とか幻奇をBLOGしたかったの♪
今日ネットで広い幻奇とか幻奇と、広い幻奇など言われました
今日ネットで大きい幻奇や幻奇など言われました


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「リンネ(イヌ回虫)」が書きました。

背中とホッキョクグマ

20070209030350
あれ、もしかして裏腹ってのは背中のことでは?

あ、今晩は。蟯虫ファクトリー浦久保です。

そうそう、背筋(せすじ)を伸ばすとき、実は背筋(はいきん)は縮んでるんですよ。

びっくりですよね。

そうでもないか。



さて、夜中に目が醒めたから何か書こうと思ったのは良いものの、いったい何を書けば良いやら。

そうだ、白熊がどうして白いか知ってますか。

あれは保護色ではないんですよ。

白熊は北極の最強生物で、別に自分を保護する必要なんてないですから。

じゃあなんで白なのかっていうと、太陽の光を効率的に吸収するためなんですって。Wikipediaにそう書いてありました。

でも白が光を吸収するなんて釈然としませんよね。僕もしません。

白は光を反射して、黒が光を吸収するはず。

光を吸収したいなら、黒熊になるべきでは?

もしかしたら白熊はものすごく頭が悪くて、致命的な勘違いしてるのかもしれませんね。

そう思うと白熊がかわいく見えてきました。

ではもう寝ます。おやすみなさい。

きのうリンネ(BlogPet)

きのうリンネ(イヌ回虫)が、blogした?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「リンネ(イヌ回虫)」が書きました。

元気を下さい

今日も幻奇だね、と言われました。

オノマトピア

蟯虫ファクトリー浦久保です。



唐突ですが、先日イヌのンコを踏み付けました。

靴の裏に回虫卵が付いたかもしれません。



さて、後日その踏み付けの様を友人と会話していた折、

「どんな感じがした?」

「にゅむにゅむしていた」

と、ふと自分の発言に歩みを止めてしまいました。

にゅむにゅむ。

……にゅむにゅむ?

おお、新しい擬態語を創出してしまった!



なんと、無意識のうちに全く新しい擬態語を生み出していたのです。

あの経験は無駄にはならなかった、ありがとう、イヌ。



そんなわけでにゅむにゅむなんですが、これ、よく考察してみると「むにゅむにゅ」という既存の擬態語をひっくり返しただけなんですよ。

なるほど、そういうことか。

それなら応用が利きそうだ。



ということで、色々とりそろえてみました。

新しいオノマトペ(擬音語、擬態語)の世界をお楽しみ下さい。



「ちよちよ歩き」
かわいい感じで。



「わふわふの綿菓子」
なんか大きそう。



「しごしごとこする」
椎名誠の小説に出てきそうな表現です。



「にくにくした食感」
それは肉では。



「くさくさの天ぷら」
とてもおいしくなさそうです。



「ぼよぼよのお爺さん」
よくわからないけど大変。





……続けるときりがないので、あとは各自でお楽しみ下さいませ。

良いのが出来たら教えて下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。