蟯ファクblog 「セロファン三昧」

若手お笑いコンビ「蟯虫ファクトリー」のささやかな自己主張。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて。

あまりにも放置しすぎたので、久しぶりに何か書いてみましょうか。

と言っても、これだけ長い間更新がなされなかったので、たぶんここのブログはもはや「廃墟」として認識されている、と言っても過言ではないかもしれません。

いかがわしいスパムメッセージを書き込む業者以外に、果たして訪れてくださる方がいるのか激しく疑問ではありますが、世の中には廃墟が好きな方もいらっしゃることでしょう。

かくいう僕も、トマソンが好きです。

純粋階段とか、ときめきますよね。



さて。

蟯虫ファクトリーな僕は相変わらずコカ・コーラを愛飲しているわけですが、というか今、コカ・コーラって入力したら「固化・コーラ」になりましたよ。

ラムネとかグミのたぐいですか?

ことえりのズレっぷりは流石ですね。

そりゃあ、必須アミノ酸が必須アノミ酸にもなりますよ。

ああ、話が観念奔逸してますね。自重自重。

で、コカ・コーラなわけですが、このブログでもちょくちょくコカ・コーラの生みの親、ペンバートン氏を崇めて「ハイル・ペンバートン」なる挨拶活動を行っていたわけですが、この「ハイル」というのは、よく考えるとちょっとマズいかもしれませんね。

単なるドイツ語といえばそれまでなのですが、ナチスを連想させる語でもあります。

この辺の歴史問題はデリケートな要素を含むので、あまり安易に「ハイル」とか言わない方がいいですね。深い意味はないにしても。

個人的な意見を申しますと、そういったタブーを形成し、口にすること自体が避けられるという状態は、却って負の歴史に束縛されているのではないかとも思うのですが。

しかし、歴史は忘却すべきではないというのも真理。

まあ、そんなわけで、今後は「パネェくらいペンバートンすげえ」くらいにしておこうと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。